ネフローゼ&クライミング&カングーの記録

slowclimb1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:湯河原幕岩( 2 )


2013年 04月 24日

湯河原幕岩 4/19

なつきが外岩をトップロープで登りたいと言うので、簡単なルートが多い湯河原幕岩に行って来ました。

横浜に来てから二回目の湯河原ですが、やっぱり近い。鎌倉抜けて海岸線を気持ちのいいドライブで2時間弱。

茅ヶ崎ロックエリアの蟻さんルートにしようかと思ったのてすが、既に登っていたので、奥のおたまじゃくし5.6にトップロープを張りました。

トップロープを張るために自分が登ろうとしたら、なんでパパが先に登るんだって怒ってたw

トップロープを張って、なつきがトライ。初めてのトライでホールドとスタンスを見つけながら登るのはなかなか難しいらしく、ひとりごとを言いながら登っている。最初は途中テンションしながらも終了点まで行く。

e0064369_1191528.jpg
e0064369_1201677.jpg
e0064369_120984.jpg
e0064369_1203096.jpg






3トライ目で完登、本人も疲れたみたいで、やっと親の番に。

とりあえずということで、シャックシャイン5.10dを登るが、アップもままならずテンションで核心を越えたら前腕パンパン。テラスに上がってからボルトに届かず恐ろしい思いをし、その上のスラブも怖かった…という体たらく。3年ぶりの外岩ルートだし…と言い訳しているうちに雨が降ってきて終了。


そのあとは温泉入って、鯵丼食べて渋滞もなく帰路につきました。
[PR]

by frogerT | 2013-04-24 10:33 | 湯河原幕岩
2009年 01月 16日

登り初め

今年の始動は1月11日のビッグロックで。痛めている肘を直したいので、少し遅めの始動となった。

翌12日は、フランスに詳しいmaoさんchieさん夫妻に話を伺おうと、太刀岡に合流する予定だったが、積雪&極寒との情報を受けて急遽南国幕岩に行き先を変更した。

湯河原は3~4年ぶり。ここに来ると垂壁の細かいホールドにやられてしまうのだが・・・。
と、なんと懐かしい顔に再開。山を本格的に始めたころ所属していた山岳会でパートナーとして未熟なクライマーだったころから幾多の山行を共にしたH江さん!ひとみもお世話になった方だ。
雨の変チ敗退や、谷川で大墜落の苦い思い出、北岳バットレスの継続登攀、冬の八ヶ岳の中山尾根などの快心の登攀も思い出す。懐かしい。。。。

今日は、前回来たときに宿題だったダイアモンドヘッド5.11cをと思っていたのだが、周りが混んでいたので、パス。帰還兵5.10cが空いていたのでまずはこれをトライ。9年前はフラッシュしたルートだ。が、なんとレイバックに入るとこでもじもじしてフォール。すごい・・・進歩するどころか退化している・・・。ひとみはきっちり再登。

気を取り直して以前1手目で敗退しているもうじきバカンス5.11cをトライ。お、難なく1手目が取れた。ボルト1本目の右上の極小カチから遠いカチを取るのが核心。上部もホールドが見つからず苦労したが、なんとかトップアウト。3便目に核心の右手極小カチから小ランジでカチを止めてRP。素直に嬉しい。

短いし、傾斜はないし、人は多いし、だけどけっこう楽しめた。
日が出ると暖かいし、フランス前にもう一回くらい来るかな?
[PR]

by frogerT | 2009-01-16 02:13 | 湯河原幕岩