ネフローゼ&クライミング&カングーの記録

slowclimb1.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 22日

ぺトルーシュカ悔しい・・・

週末2日間で二子に行ってきた。狙いは先週に引き続きぺトルーシュカ。
e0064369_1541293.jpg
最後のムーブが決まっていないし、核心手前のレストもうまくできないし、厳しいかな思っていたんだけど、2日目の2便目にはRP狙えそうなとこまで来た。
下部は大分スムーズにはなったけど、レストがまだ問題でひざロックでのレストとか凹角に入ってのレストとかの効率的なレストができないまま思い切って核心に突入!確率の悪いムーブが次々と決まり終了ホールドのガバを取ったにもかかわらず、腕がいっぱいいっぱい。足を上げて手を入れ替えて終了だったのに・・・落ちました・・・。周りから「あー」って声が聞こえた・・・。
でも・・・ガバ持ってる左手が開いていって・・・もうなにもできなかったんだもん・・・。

最後にもう一便出したら、苦し紛れに出したデットで指皮をズル剥いて流血・・・。

くやしいです・・・。悲しいです・・・。ヒロシです・・・・。
[PR]

by frogerT | 2006-02-22 01:42 | 二子山
2006年 02月 13日

ついに!念願の!

ニューシューズ購入!!!

悩んだあげくミウラーにしました。
昨日の二子で、やっぱりハング用のダウンツウの強いシューズでは、はじかれちゃって足が上手く使えず、ドミVで登ったらやっぱり良かったんだけど、ドミVは先週の城山でとうとう穴開いちゃって、ようやくドミVの後継者が出現。ドミVはアップ靴として今後の余生を送ります。

ミウラーのサイズは最後まで迷ったけど、結局コブラと同じ35.5にした。
きついの買ってドラゴンと同じような性格のシューズにしちゃうと意味ないから。

今日BPUMPで慣らしをしようかと思ったけど、もったいなくて大事に持って帰ってきました。
まだ、まっさらのミウラー。どうだ!
e0064369_2101873.jpg

[PR]

by frogerT | 2006-02-13 02:10 | Tools
2006年 02月 11日

ペトルーシュカ

全く出口の見えないケレンジへのモチも沸かず、今週は日帰りで二子。二子復帰後初の弓状に向かった。直前まで何をトライするか迷ったけど、ヌンチャクもかかったし以前さわったことのあるペトルーシュカ(5.12b)をトライ。
1便目は全く忘れていて、独自ライン&独自ムーブ。相当てこずって終了点まで。
2便目は何人かのムーブを参考にして、下部は解決。でも核心突入前にレストが出来ないのと、やっぱ最後の核心のムーブがなー。。。難しいです。
ちょっと二子への心が傾くなー。通いたいなー。やっぱいいっス二子。

この日は非常に暖かな二子だったけど、それでもペトルーシュカの岩は冷たかった。
城山におっきな宿題があるんだけど・・・また来ます二子。
[PR]

by frogerT | 2006-02-11 23:47 | 二子山
2006年 02月 06日

ケレンジ彼方へ

3週ぶりのケレンジ。この間岩場にはいけなかったけど、ジムでいつもよりハードな課題をこなしてのケレンジ2日目。核心2手目のポケットが一回だけ取れた。とは言ってもポケットを3本指でとることは出来ず、2本まで。これでは次のムーブが起こせない。もちろんハングドックして何度もトライするなかで1回だけ取れたに過ぎない。しかも2日間トライしてポケット取れたのは、この1回のみ。

e0064369_2271158.jpg
一回だけポケットが取れた瞬間

このあと、ズルしてランジも試してみる。飛ぶ体制にすら入れず、とりあえず飛んでみるが、こんな感じ・・・
e0064369_2303757.jpg
悪い例・・・


今回は2日間いたので、日曜もケレンジにトライしたけど、指皮は終わっていて何も出来ず、A0で残置ビナまで。なにやってるんだか・・・ここまでわざわざ人工登攀しに来たのか・・・。

結局登れる見込みすら立たず、さらに遠くなるケレンジ。果たして登れる日は来るのか・・・。

日曜は珍しく明るいうちに岩場を出れたので、初めて城山山頂へ。ワイルドボアへの分岐からは意外に近くて、眺めもよかった。
e0064369_2393319.jpg

[PR]

by frogerT | 2006-02-06 02:12 | 城山
2006年 02月 02日

クライミングシューズその2

天候などいろいろあって2週続けて岩場に行けない日々。考えることは遥か彼方城山の地に残してきたケレンジ(5.13a)のことばかり、あのヒールはもう少しヒールの硬いシューズがいいかなー…とか、あの悪いスタンスでランジするには、ダウントゥが強いほうがいいんじゃないかとか…。

ところでしばらく新規導入していない僕のシューズたちも少し戦闘力が弱まってきた。とくに一番使用頻度の高いドーミネーターVの消耗が激しい。久々にシューズを買いたいなーと想いめぐらせる今日この頃。垂直から薄かぶりまで対応できるシューズが今回のターゲット。


e0064369_2443229.jpgまず、第1候補は言わずと知れた、ファイブテンのアナサジ・ベルクロ。昔はいたこともあるけど、その頃は自分がヘボ過ぎていいか悪いかもよくわからなかった。クリス・シャルも愛用。リアライゼーション(5.15a)もこれでトライしてたし、最新のDVD、Dosage Vol.3でもThe Ozarksをこれで登ってます。



e0064369_2434048.jpg続いてマッドロックのムゲン。最近まわりで愛用者急増中。素直な形状と、かかりの良さそうなヒール。これなら極小エッジにヒールなんてことも出来るか。足入れも良さそうで、かなり気になるシューズ。



e0064369_245539.jpg今もっか第1候補、スポルティバのミウラー。僕のなかでのイメージは愛用しているスポルティバのコブラの紐締め版。極小エッジへの立ちこみが抜群との評判。同じくDosage Vol.3の中でベス・ローデンがThe Optimists(5.14b)をこのミウラーで登ってます。垂壁のメチャメチャ細かいスタンスにしっかり立ってます。スゲー!!

まあ、シューズだけで登れる訳ではないのは承知なんだけど…。
[PR]

by frogerT | 2006-02-02 02:47 | Tools