<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 16日

条件良かったのに登れず。。。でも少し前進

1月14日、TKYさん、I崎さんと二子。もうすぐパパになるTKYさんは今日で暫くお休みになる。今日は3人揃って"R!"ということで、この冬一番の冷え込みとなった二子で一番乗り。

今日は風も雲もなく、気温も上がりそう。岩のコンディションもかなりいい。

気温が上がる午後を狙ってゆっくりアップをして1便目、最後の核心アンダーを取りに行く手前のカチがうまく持てず、フォール。それでもここまで腕が張らずに到達できた。前回はこの時点で右腕にかなりパンプを覚えていたので、かなり前進。

2便目は、集中を欠いて下部核心でフォール。レストしながら頭の中に悪いイメージが次から次ぎへと浮かんでいた。

日も沈み、3便目のトライ。疲労も感じるし、岩は冷たくなってきていたが下部核心を抜け、クリップ。このクリップのあと右手を2回シェイクすることができた。元々僕は体が硬くて、足が90度までしか開かないという体の持ち主だったのだが、任侠の為にこのところ毎日ストレッチをしているのだ。その効果が徐々に現れてきている。結果的にはアンダーを取りに行くところで力尽きたが、3便目にしては上出来。

さらにアンダーを取りに行く際のムーブをmaoさんに教えていただき、改善した。右手ガストンから左手カチを取ったあと、そのまま右手をアンダーに伸ばすのではなく、ガストンをサイドに持ち変え、体を上げてからアンダーを取りに行く方が、はるかに安定するのだ。
次回はこれでトライしてみよう。

任侠にここまでかかってしまっているのは、もちろん僕の力不足もあるのだけど、クライミングに対する姿勢自体にも問題があったのだと、反省している。
今まではムーブが出来てしまえば登れたルートが多く、長いルートはあまりトライしてこなかった。
ルートの中のムーブ全てのムダをなくし、全てを完璧に行って初めて完登できる。こうした挑戦を初めて真剣に取り組んでいるのだ。任侠をトライして1年が経とうとしているが、自分にとっては有意義なものだと思ってる。

まだどのくらいかかるか分からないが、最後まであきらめずに登りたい。
[PR]

by frogerT | 2007-01-16 00:37 | 二子山
2007年 01月 12日

うーん・・・ 勘違いか・・・

1月7日、2日前の雨の状態を心配しながら二子に向かう。今日はTKYさんと。

朝は凍っていたためか状態は良かったが、日があたるにつれて染み出しが始まった。
トライするころには状態はかなり悪くなってしまったが、先日解決したムーブでRPできるはず!と思いきや、大幅に改善されるはずもなく核心上部のアンダー付近で落ちる。
前回のムーブの修正は、あくまでも微妙な範囲でしかなく。やはり状態がよくなるってチャンスが来るのを待つしかないのか・・・。

減量、ムーブ改善。。。あとできることはなにか・・・。
[PR]

by frogerT | 2007-01-12 21:31 | 二子山
2007年 01月 05日

任侠道初め

あけましておめでとうございます。今年もいろんな岩場やジムで遊んでやってください。

1月4日、今年の初クライミング、I崎さんと二子に向かう。
晴天の二子は風もなくあたたかで今シーズンの中では壁の状態はいい。
最大の敵、正月を800g増で乗り切り、前日もジムで軽めに登って体調は万全。今日こそ”R”のチャンス!のはず・・・

1便目が最大パフォーマンスがでるので、悪魔とノースマウンテン下部で慎重にアップする。
十分日が当たって岩があったまった13:00過ぎ、1便目を出す。

前日のジムの疲労を若干感じるものの、下部の状態も良くあまり息が上がらずにレストポイントに入る。
核心下部のムーブもスムーズにこなすことができ、クリップ。
ところがこのクリップから一気に疲労の蓄積を感じる。このままムーブを続けるが、最後の核心の右手アンダーを保持しながらも足を上げることが出来ずに力尽きた。

2便目も同様に狙っていくが、同じ所でフォール。やはり今のままでは上部核心を越えることが出来ない。
下部核心を余裕をもってこなし、上部核心はあとは「気合!」と思っていたが、それではダメなよう…(気付くのが遅すぎ?)

改めてムーブを探る。
まず、核心の中のクリップ。今まで左足の乗り込みだけでクリップしていたところを、右足の小さなスタンスを見つけ、両足を置いてクリップすることにした。これで若干クリップ時の右手にかかる負荷を減らせる気がする。
続いて、最後の核心の右手アンダーの手前の左手ホールド。これはややアンダー気味に持つといいとH野さんに教えて頂きました。確かに時々親指が利いてがっちり持てる時があるのだが、どう持った時にそうなるのか分からなかった。これが正にアンダー気味に持ったときのことだったのだ!
3つ目は、次の右手アンダー。人差し指と中指・薬指を分け持ちするのだが、人差し指は添えてるだけだった。この人差し指をしっかり効かせることにより、安定度が格段に向上した。

3便目、これらを意識することで、ヨレヨレなのに核心上部のあんなにパワー全開だったムーブがだいぶ楽に感じられた。

初めて任侠道のルート全てのムーブがイメージ出来るようになった。いやー長かった。(まだ登ってないゾ・・・)

あとは、本当に岩のコンディションと自分のコンディション待ちという状態になってきた。
今週末はまた、大雨になるらしい…。岩のコンディションは悪くなってしまうと思うけど、またいい日が来るはず。あきらめずにガンバル!
[PR]

by frogerT | 2007-01-05 00:46 | 二子山