ネフローゼ&クライミング&カングーの記録

slowclimb1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 14日

横浜雪景色

年に1回くらいは雪が積もる横浜も、これ程の大雪は初めて。
e0064369_23455875.jpg

e0064369_23455951.jpg

e0064369_2346057.jpg

e0064369_2346192.jpg

e0064369_2346258.jpg

e0064369_2346388.jpg

e0064369_2346576.jpg

[PR]

# by frogerT | 2013-01-14 23:43
2013年 01月 14日

豊田ボルダリング

豊田ボルダリングに行ってきました。
本当は3連休の後半の日、月で行く予定でしたが、月曜日が雨の予報になったので、急遽日帰りとなりました。

新東名ができて、豊田は本当に行きやすくなりました。横浜からだと休憩なしで3時間半。小川山より近いくらい。

今回はBR軍団で大挙して押し寄せ、ワイワイ楽しいクライミングになりました。
e0064369_23211516.jpg


まずは古美山。初めての人も多いので、豊田といえばまずここでしょう!!
アップをして課題の一難去って(d)をみんなでトライ。Youtubeで見つけた左足上げでカチをとりに行くムーブを試したけど、自分には右足上げでカチがいい気がする。ということで次回へ。

午後は、大給城址に移動。豊田に来て初めて1日でのエリア移動だったけど、結構できた。
まずはポールポジション(d)ムーブ研究したこともあって核心抜けはできたけど、最後の左足上げで落ちた。高さがあって恐ろしかった。スポット本当にありがとうございましたm(_ _)m
足は上がってたのにミシン踏んでホールドに乗せられなかったという情けない話。
e0064369_23192882.jpg

e0064369_23202271.jpg



そのあとみんなでハットトリック(d)。
e0064369_23205245.jpg


なつも自分で岩を見つけてはトライ。
e0064369_23232077.jpg

e0064369_23221517.jpg


前回の豊田はネフローゼ再発で全く楽しめなかったけど、今回はクライミングの楽しさを堪能しました。
[PR]

# by frogerT | 2013-01-14 23:17 | 豊田ボルダー
2013年 01月 07日

検査結果

今日は年明け初の通院。
一日尿蛋白は0.11g。先生は横ばいと言っていたが、蛋白濃度にしたら20%以上改善。まあ、なかなかだと思う。
しっかり登ってるしね。

プレドニンは30mg/日から25mg/日に減量。だいぶ顔が丸くなってきたし、手に汗もかくようになってきたので、ようやくの減量にほっ(-。-;

今度の週末は豊田の予定。
ビッグロック組が勢揃い。
前回は再発の不安を抱えながらだった。今回はもう少し楽しく登れるかな、とにかくまた豊田にいけそうで本当に嬉しい。
[PR]

# by frogerT | 2013-01-07 11:53 | ネフローゼ
2013年 01月 04日

カングー 40,000km

去年の6月に32,000kmで買ったカングーが40,000kmに。

e0064369_658218.jpg

[PR]

# by frogerT | 2013-01-04 21:54
2013年 01月 03日

凧上げ

凧上げしました。
程よい風が吹いていて、なつも上手上げられていた。
自分としてもこんなに上手く凧上げできたの、生まれて初めてかも。
子供の頃は、凧引っ張って走った覚えしかないw
e0064369_0361658.jpg

e0064369_0361729.jpg

e0064369_0361889.jpg

e0064369_0361994.jpg

e0064369_0362037.jpg

[PR]

# by frogerT | 2013-01-03 23:33 | ネフローゼ
2013年 01月 03日

ネフローゼという病気

2011年6月にネフローゼ症候群という腎臓の病気に罹りました。
具体的に言うと、腎臓から尿中に異常な量のタンパク質が流れ出す病気の総称です。
通常であれば1日に流れ出すタンパク質の量は0.3g以下。一日の尿中タンパク質の量が3.5gを超えるとネフローゼ症候群と診断されますが、私が入院した際には18.4gという異常な量のタンパク質が尿中に流れ出していました。

尿中にタンパク質が流れ出すとどうなるかというと、血中のタンパク質がなくなりさまざまな症状を引き起こします。
もっとも顕著なのは浮腫み。私も顔が尋常でないくらいに浮腫み、病院に駆け込んで判明しました。なぜ浮腫むのかというと、血液中のタンパク質が失われると、血液中に水分を保持できなくなり、結果血管から水分が漏れ出し、浮腫みとなるそうです。
そうなると、水分を失った血液中ではさらに悪いことがおこり、中性脂肪やコレストロールの濃度が上がり、いわゆるどろどろ血によって脳梗塞や心筋梗塞なども引き起こすことがある病気です。
原因はわかりません。免疫系の異常と言われています。
ですので、治療としては免疫を抑える副腎皮質ホルモン、プレドニンという薬による治療が中心です。

私は、ちょうど2ヶ月入院して、このプレドニンの投与と、症状が落ち着くのを見て、薬を減らしていくという気の長い闘病生活を体験しました、

原因が分からないし、人によって症状や薬の聞き方が違うので、医師も結局手探りです。

私の場合、完全完解という状態まで持ってくることができて、プレドニン35mgで退院。1年以上かけて7mgまでもってこれたところで、1回目の再発となります。
もしかしたらこのまま直るのではなどという甘い考えも持っていただけに、再発は正直ショックでしたが、うまく付き合っていくしかなさそうです。

幸い、仕事もしながら、適度なクライミングをしながら付き合っていける気がするので、うまくやりたいと思っています。

発病から、退院までの経緯やこれまでのことも気が向いたら書いていくつもりです。
あ、あとずっと書いてなかったクライミングの記録も堀おこして書こうかななどとおもっております。
[PR]

# by frogerT | 2013-01-03 00:16 | ネフローゼ
2012年 12月 30日

スキーに行ってきました

体調は変わらず。プレドニンも30mgと増量中のままスキーに行ってきました。
横浜からだと上越方面は行く気がしないので、もっぱら中央道で近場の八ヶ岳周辺です。小川山などで行きなれてるしね。

今回は清里周辺に泊まってスキーです。29日は中央道の笹子トンネルが午前中まで通行止めだったので、御殿場から河口湖、御坂トンネルを越えるルートを採用。前日からの大雪で峠越えは心配でしたが、なんとか無事通過。11時くらいには辺山のシャトレーゼスキー場に着きました。
e0064369_23304931.jpg


e0064369_2330811.jpg
e0064369_23303984.jpg




5歳のなつはスキーは3回目。といっても過去2回は怖がって自分ひとりで滑ったことはなく、今回は自分で滑る初体験。

途中から傾斜のゆるい斜面でプルークの練習を始め、徐々にブレーキをかける感覚がわかってきたみたい。
今度は片一方の足に体重をかけてしまって、曲がってしまうようになったので、体重をかけた足と反対に曲がるんだよ。と教えると、なんとリフト2本目ではプルークボーゲンでのターンをマスターしてしまいました。
シャトレーゼの初心者コースは最初が比較的急な斜面になっているのですが、最後にはそこも自分で滑れるようになり、スキーの楽しさが分かったみたい。
真っ暗になるまで滑りつづけた。
e0064369_2330576.jpg



翌日は雨。そしてなつの足が強烈に筋肉痛みたい。歩くのも嫌がるくらい。
なので、スキーはあきらめ、雨でも楽しめる場所を探しました。

見つけたのは、甲府のピラニア。そう、クライミングジムです。
雨でもこんな楽しい場所をどこでも見つけられるなんて、幸せだなぁとづくづく思いました。
e0064369_23311566.jpg

[PR]

# by frogerT | 2012-12-30 23:21 | スキー
2012年 12月 25日

検査結果

今日は2週間ぶりの通院&検査。
タンパク量は0.19g/日。完全寛解状態ではあるものの、前回からは横ばい。薬は減らさず30mgを維持。30mgにして一ヶ月、副作用のムーンフェイスが出てきた、早く減らしたいのに(>_<)

まあ、のんびりあせらず。

仕事のストレスはMAX、でも知り合いのTAKUYAさんのライブ行ってスッキリ。
下北沢シェルターなんて久しぶり。オールスタンディングは44才病人にはきつかったが、めちゃくちゃカッコ良かった。帰りにさっそくAmazonでCD購入。明日からも頑張ります。
e0064369_22553256.jpg

[PR]

# by frogerT | 2012-12-25 22:41 | ネフローゼ
2012年 12月 25日

クライミングが幸せ

週末BR。身体の状態は安定していて薬の量は多いが前週よりは少ししっかりクライミング。

登れることはとにかく楽しい、そして幸せ。ホールドに触れること、ムーブを起こすこと、何もかもが楽しい。

課題を落とさなきゃという気負いがないからか、ひとみからみても綺麗に登ってるように見えるらしい。
今まで気負いだけできたからなぁw。

身体を追い込まないようにセーブして終了。
e0064369_22555124.jpg

[PR]

# by frogerT | 2012-12-25 07:48
2012年 12月 17日

久しぶりのビッグロック

プレドニンを30mgに増量して1週間でタンパクはマイナスになった。
あとはまた少しづつ薬を減らす長い旅の始まり。

昨日は久しぶりにビッグロックへ。
医師に軽い運動はOKをもらったが、まだまだ薬も多いので、慎重に。
それでもホールドに触れるだけでも幸せなので、簡単な課題を中心に軽く登った。

やっぱりクライミングはいいなぁ!
[PR]

# by frogerT | 2012-12-17 12:26 | ネフローゼ